プロポーズ大作戦!

プレイ157

セフィロスはバーテンダーに設定したから、こうして店に足を運ばないと他の仲間たちと違って町で偶然会うことが出来ないんですよね。そんな訳で、クラウド仕事帰りにちょっとセフィロスのところへ。

「俺、ティファにプロポーズしようと思ってるんだけど、どう言ったらいいと思う?」

プレイ158

「簡単なことだ。俺とリユニオンしようと言えばそれでいい」
クラウド、相談相手間違ってますよw


プレイ159

よし!今日はプロポーズするぞ!と、武術の服で気合をいれるクラウドです。
ウソです。ついさっきまで武術の本を読ませていたのでこうなりました。


プレイ160

改め、着替えてティファを外へ連れ出します。
プロポーズするということで、いつもの服ではないものをチョイス。そんなクラウドに合わせてティファもお着替え。
クラウドの緊張が伝わっているのか、ティファも少し緊張気味……に見えなくもないSS。


プレイ161

プロポーズするのだから、誰もいないちょっとムードのある場所をと思って小さな公園を選んでみた。


プレイ162

「あ、あの…ティファ…」
「なあに?クラウド」
そんな感じでもたもたしてる内に、いろんな人がワラワラと公園にやって来て…


プレイ163

ギターを弾きだしたシムの音楽に合わせてふたりもノリノリにw


プレイ164

しばらく様子みてたけど、シムたちがどこかへ行く気配がなかったし、このふたりも踊りはじめそうな空気を漂わせていたので場所移動。いつもの公園に行くことにしました。
この時点で今日はプロポーズをすること(させること)を断念。やっぱりムードは大切にしたいからね。


プレイ165

いつもの公園に行くとエアリスがいました。ほんとこの公園好きだよねエアリスw
そんなエアリスのところへクラウドが。
プロポーズできなかったこと聞いてもらっている…ように見えなくもないSS。


プレイ166

エアリスからのアドバイスを真剣に聞いてるクラウドですが…


プレイ167

その手元ではありんこが行列作ってましたw なんなのこれww
シムズってこういう細かいところよく作りこまれてるなーと感心する。


プレイ168

そしてまた人が集まりだして、結局いつものお出かけのようなパターンに。
ひとり知らないシムが輪のなかに入っています。
「誰この人?」と言わんばかりのクラウドとティファの表情が笑えます。


プレイ170

さらにプラス一名加わって、もうなにがなにやらw


プレイ171

都合よくザックスが集団から外れてベンチで読書を始めたので、そこにクラウドを向かわせました。
普通におしゃべりをするの指示を出したんだけど、吹き出しに結婚のマークが出てびっくり。
プロポーズの相談をするというプレイヤーの脳内設定をこのゲームはエスパーできるの??w
偶然にしても出来すぎてると驚いた瞬間です。


プレイ172

「やっぱりウェディングケーキは三段以上ないとウェデングケーキとは言わないような気がするんだ」
「うんうん、そうだなクラウド」
おバカな熱弁にも真剣に答えてあげる友達思いのザックスですw


プレイ173

会話が途切れたときのこの素に戻る表情が何回見ても可笑しいw

というわけで、プロポーズ大作戦は失敗に終わりました。
でもあのクラウドがすんなりプロポーズ出来てしまうのもなんかイメージじゃないので、これはこれでいいのかなとも思います。
次は頑張れ~クラウド!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

さらみ

Author:さらみ
シムズ3とFF7が好き。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ